別れるつもりがあるならば

尾行代金が時間によって設定されている場合、尾行をする時間が短い方が、少ない費用になります。

 

よって、探偵に尾行依頼をするなら、パートナーの日常の行動を観察しておく必要があります。

 

その中で、最も怪しい時間帯や曜日に尾行をしてもらうと、探偵にも余計な労力がかからず、お互いにとってメリットのある依頼になります。

 

主人が帰宅後や休日に携帯でよく誰かとメールするようになったので、これは浮気しているなと思いました。

 

知り合いかそうでないのか確かめようと、チェックしてみましたが、きっちりロックでガードされていて、なんの情報も得られませんでした。

 

泥沼は嫌なので、これは探偵さんでしょと、なぜか冷静に考えてしまったんですけど、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。

 

どうしたらよいのか、ためらっているところです。

 

探偵に調査を依頼するときには、平均的な価格について知っていないと、悪徳業者と普通の業者の区別もつきません。

 

おおむね時間あたり1万円程度を見積もっておくと確実です。

 

一般的に言えば「高い」と感じますよね。

 

仮に尾行の日数を増やそうものなら、費用負担は増えるだけですから、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。

 

同一電話番号との連絡を繰り返し、また定期的に電話番号があるとしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性が非常に高いと言えます。

 

そういったことに気付いたらその電話をしている相手を見つけ出せばいいのです。

 

ただパートナーの方が機転が効く人物となりますと、浮気相手との電話の後には電話番号の履歴を毎回削除しているということもあります。

 

夫の浮気相手のところに妻が談判に行ってひどい状況に陥るのは、ドラマのシナリオでもお馴染です。

 

配偶者の浮気現場に乗り込むのが男の場合は、殺傷沙汰にまでなってしまう脚本もしばしば書かれます。

 

情事の現場へ乗り込むのも1つの方法でしょう。

 

別れるつもりがあるならば、やってみる手もあるでしょう。

家族にバレずにお金を借りる