ブラックリストに記載された

私は様々な消費者金融から借金をしていたのですが、返済することができなくなり、債務整理することになったのです。

 

債務整理にも様々な方法があって、私が利用したのは自己破産というものです。

 

一旦自己破産すると借金がなくなり、負担が減りました。

 

債務整理という言葉に聞き覚えがない人も多くおられると思いますが、自己破産、過払い金請求、任意整理など、借金に悩む人が、そんな借金を整理する方法をまとめて債務整理と呼びます。

 

ですから、債務整理の意味とは借金整理法の総称という事になります。

 

自己破産というのは、借金を返すのがもう明らかに無理だということを裁判所に分かってもらい、法律によって、借金を帳消しにしてもらうことができるやり方です。

 

生活する中で、最低限、要する財産以外は、すべてを手放すにことになります。

 

日本の国民である以上は、誰でも、自己破産をすることが可能です。

 

借金が膨らんでしまって任意整理をする場合、また新たに借り入れをしたくなったり、クレカを作ろうと考えても、情報が信用機関に残ってしまうため、審査に通過することが出来ず、数年程度はそのようなことを行えないといった事になるのです。

 

借金をすることがクセになってしまっている方には、とても厳しい生活となるでしょう。

 

任意整理が終わってから、どうしてもお金が必要になったからといって、消費者金融などでキャッシングを申し込んだとしても、審査のタイミングではじかれてしまいます。

 

一度、信用情報機関のブラックリストに記載された場合、登録が消されるまでには5~10年の時間が必要ですから、その時を待てばキャッシングができます。

バンクイック増額