クレジットカードのショッピング枠を現金にする主な方法などについて

ショッピング枠を現金にする行為であるクレジットカード現金化は、自分で商品を売買するか業者を利用するというのが主な方法です。
自分で商品を売買する場合は上手くやれば換金率が高くなりますが、カード利用停止になるリスクが高いです。
転売目的でショッピング枠を使うことは多くのカード会社が禁止していて、カード会社は換金率が高くなりやすい商品を把握しています。
ゲーム機などをショッピング枠で大量に購入すると、カード会社から転売目的だと疑われて監視が厳しくなります。
また、換金率の高い商品の種類や買取価格は常に変動するので、マメな情報収集が必要です。
場合によっては、買取価格が二束三文になることもあります。
そして、店舗へ行くなど商品を郵送する必要があるので労力がかかります。
したがって、すぐに現金が必要な人には向いていません。
一方、業者に依頼する場合は、業者の指定する商品をショッピング枠で購入して業者から現金を得ます。
業者に依頼するとすぐに現金を手に入れることができて、カード利用停止になるリスクが低いです。
インターネットで申し込める場合が多く、キャッシングなどとは違って店に行く必要がありません。
また、本人確認のための身分証明書の提出や、申込フォームなどに氏名や住所や電話番号といった情報を入力すれば利用することができます。
所得証明書の提出が不要で、業者から勤務先に在籍確認の電話がかかってくることもありません。
ただし、中には悪徳業者も存在するので、必要以上に個人情報を聞き出そうとする業者には注意する必要があります。

現金化はこちらを参考に:口コミで人気のビックギフト


タグ :